自分でフロアのコーティングを行う際に必要な道具の種類

作業を始める前に行う事前準備の際の道具

自宅のフロアのコーティング作業ですが、プロの業者に依頼している人も多いですよね。ですが業者の場合は費用もかかるので、よりリーズナブルに費用を抑えたい場合は自分出行う事もできますよ。その場合はしっかり必要な道具をそろえる必要がありますが、まずは作業前に行う掃除道具があります。床を極力綺麗な状態にする必要があるので、まずは掃除機でゴミを吸い取る必要があります。また汚れなどがある場合は、中和洗剤を利用して汚れを落とします。掃除機などは自宅に所有している人は多く、中和洗剤も台所用洗剤があるのであえて買いそろえす必要はないですね。最後は汚れを落とす際に使用するタオルですが、使い古したタオルを利用してもよいですし安く販売しているタオルを利用してもよいです。基本的に床の掃除に必要な道具は3種類程なので、自宅にある道具で問題なく作業ができることが多いです。

実際に作業を行う際に必要な道具

実際にフロアの塗料作業を行う際に必要になる道具ですが、手早く広い床の作業になるのでモップがあると便利ですよ。出来れば床塗料用として専門に販売している物を準備するのがおすすめです。作業自体が楽に行えるだけでなく、ムラができることなく綺麗に仕上げる事ができます。1つだけ購入後はずっと継続的に使用できるので経済的ですね。床掃除用として販売されているモップなどもありますが、塗る際に上手に濡れない場合や埃が混ざってしまう可能性があるので注意が必要です。次にツヤだしようの塗料ですが、ホームセンターなどで購入することができます。最近ではインターネットの通販サイトでも数多く販売しているので、手軽に準備することができます。最後の養生テープになります。養生テープはマスキングテープとも呼ばれており、素材は紙でできており粘着力が弱いので簡単に剥がすことができますよ。塗る作業の最中に液が家具などにつかないよう、保護するために使用します。

作業を行う為に使用するコーティング剤

フロアにツヤだし用の塗料を利用する際に、コーティング専門の塗料が必要になりますよね。購入時たは手軽に行えますが、実際にどの種類を利用したらよいか迷う事も多いです。種類が豊富で色々ありますが、やはり自分で作業をすることろ考慮して素人でも簡単に取り扱えるタイプを選ぶのがポイントですね。素人向けといった表記などがされている場合もありますよ。仕上がり具合を考えてプロ仕様などを選ぶ場合もありますが、その場合は塗料自体の扱いが難しく、作業方法なども難しい場合があります。作業になれていない場合であれば、最初は素人向けの取り扱いの簡単な塗料で作業を行い、慣れてきてからはプロ用に変えていくと良いですね。

ピックアップ記事一覧